よくあるご質問

学習塾がたくさんある時代です。

 

いろんな塾さんが、いろんなサービスを提供していて、皆さまも違いがよく分からなくなってきていると思います。

 

京進スクール・ワンが、どのような個別指導なのか。誤解なく知っていただけるようになればいいな、と思っています。

2015/04/29更新しました。

Q 個別指導はどこも同じ?

A

  • 私達は先生1人に生徒2人の個別指導です。(通称「1:2」「1対2」個別指導と呼んでいます)
  • 他社さんの場合、何対何の記載がされていない場合があります。その際は1:3〜5が多いです。
  • また、個人指導・個別対応と記載される塾さんもあります。その際は、プロ講師が教室指導をするという うたい文句になっています。実際は、その時間帯に来る生徒を社員が指導する形となり、 1人で10人〜20人を指導する可能性があります。つまり、生徒が自分で勉強をし、そこで分からないところを聞く形態になります。

Q 集合塾と比較して、授業料が高いのはなぜですか?

 

A 三重県ではまだ個別指導が主流ではありません。しかし年々、個別指導の塾は増えてきています。集合塾の場合、5科目指導で20000円ぐらいの塾さんもあります。しかし、集合塾の場合は学校より上のレベルを指導する場合があり、授業スピードも速いです。また、その分自宅で宿題をする量も多くなります。

 

A 宿題を自宅で解いても、集合塾でどのようにチェックされるでしょうか?

 個別指導の場合は、講師が直接チェックできるので、家でしっかり取り組んでいるかも分かります。

 しかし、メリットとしては多くの集合塾では正社員が指導するので、保護者の方にとっては安心感があると思います。

Q 教えてもらう先生は、どんな先生ですか?

 

A 基本的には大学生の講師です。個別指導の形態を考えれば、当然の答えになります。

指導時間のピークが18時半〜20時からになり、たったその時間のためだけに正社員で指導すれば、今の授業料の5倍は頂かないと収支が合いません。

 

 保護者の方としては正社員指導を希望されると思います。

 しかし、正社員だからいい指導だからとは限りません。正社員特有の悪い意味での機械的な慣れがなく、大学生の方が初心に忠実で熱心な指導をし、それが生徒の学力向上につながると思います。生徒と年齢が近いことで、使っている言葉や語彙の差もあまりなく、意思疎通や信頼関係が深まります(学校の先生は正社員ですが、だからいいとは限りませんよね?)