年末年始、自主的に勉強とりくみました

年末年始の塾生の頑張りを、学年ごとに一部紹介しましょう。

小6でこの勉強時間はすごいです。よくがんばりました!

wikipediaサーフィンが大好きな生徒さんです。経験ある方はわかると思いますが、リンクを踏み出すと止まらないですよね。

中1の生徒さんです。なかなか正直な(笑)、遊びと勉強のメリハリがついた、分かりやすい計画です。

上の小6の生徒さんに負けた?

いやいや、中1で正月に11時間勉強できているのは立派です。

ほめたいのは、1日に固めず、毎日勉強コツコツできているところですよね。

今度は中2の生徒さんです。

12/31 おおみそか、計画通りの1時間勉強ができなかったようです。

1/1 元旦=1年で一番最初の日、その分の1時間を上乗せしたんだという生徒さんの気持ちが伝わる、見ていて気持ちの良い計画です。

中3受験生はさすが。30時間達成おめでとう。

その遥か上をいくのが高3生。

合計時間書いていないですが、合計約65時間。

結果が報われるように、この年末年始の前後の冬期講習でも、授業&教室自習を続けています。


極端なことを言えば、計画自体はゆるい計画でもかまいません。

紙に書いて、見えるようにするのが、計画を書く目的です。

口約束だと、初心を忘れませんか?

見えるようにすると、いつでも初心へ戻れます。


休み中は普通にしていたら集中力が出ません。

特に非受験生は、がんばる動機に欠けます。

まずは机に向かえるように、計画を書いて、見えるようにしました。

机に向かうという行動を変えれば、後から気持ちがついてきます。


京進スクール・ワンのリーチング学習手帳は、この考え方の延長線上にあります。