眠気を吹っ飛ばす授業 第2弾 教デコ

学校提出物1週間前チェック、略して"ていいち"

約85%の生徒さんが目標達成できました。

おかげでこの1週間は、学校の提出物に追われない、本当のテスト勉強ができています。


教室の自習の姿も、塾生同士が提出物を終わらせようと良い意味で競い合って、

自分から進んで勉強に取り組めていましたね。

自分から進んでやれていることに、眠気なんてひっついてきません。


さて、そんな眠気撃退企画"その2"が来月からスタートします。


まっさらなままの教材をなくします。


授業中、ペンを手に持ちながら、先生の話をメモしている生徒さんはおしなべて学力UPしていきます。

そもそも、手を動かして、先生の話をメモろうと思うから、眠くなる暇がありません。

目以外の五感を使った勉強が、眠気撲滅の近道です。


でも、男子に多いのですが、こういうメモ書きを面倒くさがる子もいるのは事実。

メモってねとは言っても、なかなか良い要約コメントが書けなかったりします。


そこで開発したのが教材デコレーション"教デコ"


いちいち文章を書かなくても、教デコをすることで、

生徒さんが自分で大事な所に目印をつけて、主体的に授業に参加できます。

lineのスタンプの要領でやってほしいですね。


手を使って、貼る所を考えるので、けっこう頭をつかうと思います。


先生も、一方通行にしゃべり続けたりせずに、生徒さんと双方向でシールを使ったコミュニケーションができます。

シール貼るだけで、教材の大事な所に的確なアドバイスができてしまうので楽です。


生徒さんが、自立的に勉強を楽しめるようになれば、という思いで始めます。

試験前に、シールを貼った所だけをばばっと見直しすれば、授業の思い出とともに復習ができる1冊ができあがるのではないでしょうか?