H28年度県立高校後期選抜の倍率は気にしない

県立高校後期選抜の倍率が発表されましたね。

 

進路面談をさせていただいた中3生の皆さんにはお話しさせていただきましたが、倍率は気にしないことです。

 

「明らかに上位高レベル」という子は、かならず一握りです。

ほかの大多数は、自分と同じレベルの子と思いましょう。

 

1、後期選抜は、1点でも高くとった人が正義です。

 

2、残り1週間で、すぐ1点上がる可能性が高い科目・分野を探しましょう(考えれば、理科・社会中心にを何をすればいいか、出てくるはずです)

 

3、本当の学力向上を求めるなら、受験後こそ手を抜かず、受験以外の本来の勉強に戻る計画(イメージトレーニング)を「受験前」に考えておきましょう。

受験後に考えようとすると、中学生モードの繰り返しになりやすいです。

 

それでも、入試まで残り1週間で1点でも上げたいと思う皆さんへ・・

 

塾生のみんなが、後期選抜過去問をしています。

(もう終わりましたね?)

 

予想以上に、高い点数を出している子がいます。

 

いや、おそらくこれが本当の実力なのでしょう。

 

この実力が入試当日でも出せるか。

 

それが出せるようにするためには? たとえば、こうすることが大事ではないでしょうか?

 

・環境を近づける(緊張する場所を選ぶ)

 

・時間を近づける(国語は朝にするなど)

 

・集中力を近づける(周りとの関わりをシャットダウンする)

 

・見た目を近づける(周りに何も置かない、見せない)

 

当日になると、ふだん訓練していない緊張感・スピード力・集中力を求められます。

こういう、メンタル部分の訓練を軽視していると、本番で実力が発揮できない場合があります。

 

高校に入ってからの定期テストでも、同じことが言えると思います。

 

自分に足りないものが何かを自分で考え、足りないものを埋める練習をするススメを、入試直前に贈ります。