【特集】 “秋”がお子様の勉強習慣を一変させる理由

2学期は、中だるみの時期だとよくいわれます。


言いかえれば、ふつうにしていたら、だれも新しい取り組みを始めないということ。


そんな時に塾へ通い出す子は、新しい取り組みを始められる素質を持った子です。


京進スクール・ワン富田教室が持つ「テスト前の仕上げ」のノウハウで、お子様の勉強習慣が一変します。


周りのお友だちは、自分の殻を破れていません。


学校の成績は、相対評価でつきます。


つまり、周りが停滞する中、お子様は急上昇するチャンスを持つのが秋なんです。

テスト前の仕上げに自信を持つ京進スクール・ワン富田教室だからこそ、このようなチラシを、中間テスト直前の9月22日(月)に新聞へ折り込みました。


皆さんのお手元には、届いていますか?

裏面ですが、字が細かいですね。


このページでは、9月22日折込チラシのポイント解説をさせていただきます。


なぜ、京進スクール・ワン富田教室がテスト点数UPを続けているのか。

少しでも共感していただける内容になっていたら、いいなと思います。


まず、京進スクール・ワンは全教室どこでも「ほめて、のばす」ことを授業の根っこに置いています。


保護者の皆様は、愛するわが子だからこそ、切実に考え、時にはお子様へ厳しいことを言うと思います。


学校の担任の先生も、そうかもしれません。


お子様は、勉強が苦手であればあるほど、だれからもほめられず、自信を喪失しています。


そうであれば、私たち塾講師が、保護者様でも、担任の先生でもない第3の立場になります。


お子様の『できないところ』を知りつつ、『できるところ』を見つけ、ほめ続けます。


今までの勉強環境が一変し、今まで見えなかったやる気を作りだす起爆剤になるはずです。


富田教室は、地域一のほめプロを目指しています。


ほめる指導には、根拠があります。


それが脳科学に裏付けられた、京進独自の“リーチングメソッド”


東大の脳科学者・池谷裕二先生の理論に基づき、講師の先生全員が、教室で研修を受けています。


毎回の授業で、お子様へ「口約束」ではなく、「紙に書いて」目標を一緒につくり、守り続けています。


だから、1回言われただけでは治らなかったお子様のクセが治り、毎回書くことで、お子様の内面を変えます。

ふだんは、英語・数学などの積み重ね科目を、個別指導できたえていきます。


理科や社会は、毎週受けるほどでもないなあ・・・と思われる方も多いと思います。


そんな方にこそ、京進スクール・ワンの個別指導が向いています。


京進スクール・ワン富田教室では、週2回以上個別指導で通塾されている中学生に「5科パック」を適用!

無料で、理科・社会の映像授業を受講することができ、効率的に理科・社会の勉強もできます。


そして、テストの直前になったら、映像授業の総ざらい確認をするため、理科や社会を(国語も)テスト前に2~3回だけ、個別指導で先生に見てもらうこともできます。


その時、困っている科目を、困っている内容分だけ、先生に教えてもらえる。


お子様がその時その時困っていることに、京進スクール・ワン富田教室の個別指導が力になれると思います。


これからテスト週間に入りますが、毎日、教室で授業&自習でいっぱいの教室です。

周りで勉強している生徒たちを目の当たりにして、お家の何倍も集中力が出てくると思います。


秋、自分の殻を破りたいお子様。

どうぞ京進スクール・ワン富田教室の門をたたいてください。待っています。


TEL:059-361-0456 教室長:吉川(よしかわ)まで